子供とプールと脱げる身体

子供達とプールへ行ってきました!
生憎の天気でしたが、朝から夕方までずーとプールに入りっぱなし。
子供は、元気バリバリですね~。

その間私は観察タイム・・・・笑

若い子は、ビキニを着て楽しそうにプール遊び。
お母さんは、いろいろなもので身体を隠し、プール遊びの付きそい。。。
という絵がとても多かったです。
日焼け防止のために、水着になんてならないわ。という方も多いと思うのですが、隠してばかりいると、ちょっと残念な事が・・・

太っている・痩せているは全く関係なく
ゆったりとしたパーカー等でお腹を隠している方の大半は、下腹部がデーンとゆるんでいました。
ゆったりとしたパンツで足を隠している方の大半は、内腿に緊張感がなく、足がパカッと開いていていました。

おそらく隠しているという安心感が、気持ちを解放させ、そうさせてしまっているのでしょう。解放され続けている下腹部や内腿は、どんどんゆるんでいきます。そして、ゆるめばゆるむほど感度を取り戻すのに時間がかかります。。。

逆に、解放する事をやめ意識する時間を多くすれば、必ず身体は変わります。

そう考えると、ラッシュガードや水着等、嫌でも身体にピタッとフィットするものを着なければいけない、プールや海で過ごす時間はチャンスです!!
水着の上から着るものは、ゆったりとしたパーカーはやめ、ぴったりとしたラッシュガード、短パンなど(日焼け防止にスパッツ等をはいてもよいですね)に変え、身体のラインを目立たせ、気になる部分を意識しながら過ごしてみて下さい。普段解放され続けている身体でしたら、これだけも、エクササイズになります。

そして…….
帰宅後、少し頑張った身体を鏡にうつしながら、プールで(あー、こうだったらいいのにな~)と思った事を思い出してみてください。
その後、今までと同じ様に過ごしていたら何も変わりませんが、その瞬間から身体への意識を変えようと決めるとさらに身体は変わっていきます!

自分で何個か決めてしまうとよりやすいですね。

例えば・・
■足を組まない
■キッチンで片足重心で立たない
■下腹部をポンと前に解放しない
■座るときは必ずひざをつける

等など・・・

その他のブログではちょっと書きにくい意識の仕方は、こちらへ。。。
友だち追加

是非、お試しを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です